大学生の一人暮らし 親は 其の一

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

センター試験も終わり、いよいよこれから佳境に入ってゆきます。
センター試験が終わると、いよいよ私立、国立と試験が進みます。
親としては、やきもきする時期ではありますが、親としての準備をしておいてください。
私の子どもは、東京の大学に進学した為、当然一人暮らし。
進学先が決まると住まいを決めたり、生活用品を調達したりその他諸々しなければならないことがありますが、この時期にやっておくべきことは送金・振込み用の銀行の開設です。
何故なら、
口座開設には時間がかかるからです。
一人暮らしとなると仕送り、家賃の振込等が発生してきます。そしてその振込には、振り込み手数料が発生します。
家賃の振込先が自分が持っている銀行ならよい場合がありますが、ほとんどは振り込み手数料が毎月発生。
30,000円以上の振込ならば 525円×12ヶ月=6,300円
4年間なら 6,300円×4年=25,200円
あと、授業料やらも振込です。
2万5千円もあるば、これもあれも買えます。
そこで、調べました。
振り込み手数料が0円の銀行がないかと
ありました。
こちらです。
月3回までは振り込み手数料がただ
私ぁ
すぐに口座開設しました。
この

振り込み予約ができ、振込を毎月自動で行ってくれます。
振込人名も子ども名前に変更することができます。これでうっかり防止できます。
子どもが大家さんちに直接家賃を持ってくていうひともいますが、タダなものは使いましょう。
私の会社は、給与振込が2件まで登録できるので、1件は私の小遣い+家賃・仕送り分はこの銀行に変更しました。
ただ、振込はパソコンかスマートフォンしかできません。スマートフォンもアプリがあります。
子どもが、一人暮らししなくてもよさげなネット銀行かな。
「セブン銀行、ローソン、ゆうちょ銀行、イーネットのATM手数料が無料」
ヤフオクの振込に使えますし
これから、新しく大学生になる子を持つ親としての準備をいろいろ綴っていく予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク