山王神社(長崎)参拝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも、迷カメラマンです。

キーワード   山王神社、長崎、クスノキ

このキーワードたどり着くのは、福山雅治さん。

2014年の紅白歌合戦福山雅治が歌った「クスノキ」

バックの映像と小学生のコーラスが映像で流れてきた神社であります。

1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、米軍の爆撃機によって広島についで長崎に原子爆弾が投下され、
多くの尊い生命を奪い市街地は廃墟と化しました。

山王神社の参道には、一の鳥居から四の鳥居までありましたが、1945年(昭和20年)8月9日の原爆投下により、爆風に対して並行に建っていた一の鳥居と二の鳥居を残し、あとはすべて倒壊してしまいました。
一の鳥居はほぼ原型のまま、二の鳥居は爆風で笠石がねじまげられ、爆心側の左半分が吹き飛ばされたものの奇跡的に右半分だけの一本柱の状態で残りました。しかし戦後の昭和37年、一の鳥居は交通事故により倒壊したため現在も当時のままの姿で立っているのは、二の鳥居だけとなりました。

山王神社の境内入口にそびえる2本のクスノキは、樹齢約5~600年、胸高幹囲がそれぞれ8メートルと6メートルで、長崎市内にあるクスノキの巨樹の一つです。共に昭和20年の原爆で主幹の3分の1以上を失ったため、 樹高は10メートル内外ですが、四方に張った枝は交錯して一体となり、東西40メートル、南北25メートルの大樹冠を形成しています。原爆被災により一時落葉し枯れ木同然になったにも係わらず、2年程度の後、奇跡的に再び新芽を芽吹き、次第に樹勢を盛り返し今日に至っています。

IPHONEでは入り切りません。

神社は、街の中にあり隣には保育園もあり、そして道が狭く、階段が多い。

近くには、駐車場がないです。

山王神社には行くことが出来ましたが、稲佐山には行けませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク