平成の時代が終わりを迎え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも、迷カメラマンです。

今日の時代が幕を閉じようとしています。

毎年、正月を迎え一年ごとに時を刻んできましたが、御代代わりは大きな節目です。

昭和から平成になったのが20代中盤でした。

平成元年、2年には消防で岐阜県消防操法大会に不破郡代表として出場。

平成4年結婚。

平成5年長男誕生。

長男が小学生になってからは少年野球・中学野球が生活の一部となり迷カメラマン出現。次男が中学を卒業とともに一線を退く。

今年、次男は20歳となりました。

消防団在団年数も30年を超え、平成30年には『藍綬褒章』を受賞させていただきました。

平成30年5月15日夫婦ともども皇居に参内し春秋の間において天皇陛下に拝謁の栄誉を賜りました。

消防関係者のみならず、これまで出逢えた方々に感謝しております。

平成の時代が終わるとともにあと僅かで会社員生活も定年を迎えることとなります。

高齢化社会になり人生100年終活時代になろうとしています。

あと40年、まだ40年

残りの人生=令和の時代がより良い時が刻めるよう進化していく所存です。

みなさまにとって新しい時代、令和がますます輝かしいことを祈念申し上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク